中古マンションの売却が大変な理由とは?売却を楽にする方法を解説!

中古マンションの売却が大変な理由とは?売却を楽にする方法を解説!

この記事のハイライト
●中古マンションを売却するまでには、査定から引き渡しまで多くのプロセスがある
●中古マンションの売却が大変な理由は、経験のなさや手間の多さに由来するものが多い
●ハウスクリーニングや司法書士など各ジャンルのプロに依頼すると売却の負担を減らせる

「中古マンションの売却を検討しているけれど、大変そう…」と不安を感じている方はいませんか?
不動産の売却に慣れていない方であれば、なおさら心配ですよね。
そこで今回は、中古マンションを売却するまでの流れや、中古マンションの売却が大変だといわれる理由、大変さを回避してスムーズに売却する方法について解説します。
山口県山口市で中古マンションの売却を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

\お気軽にご相談ください!/

中古マンションの売却は大変?査定から引き渡しまでの流れとは

中古マンションの売却は大変?査定から引き渡しまでの流れとは

中古マンションを初めて売却するという方は多いのではないでしょうか。
売却に関する知識と経験の少なさが、「中古マンションの売却は大変そう」という不安につながっているケースは少なくありません。
売却までの流れや、どのタイミングでなにをするべきかを事前に把握しておくことが、スムーズな売却への近道です。
ここでは、仲介で中古マンションを売却する場合の流れについて解説します。

中古マンション売却の流れ1:査定依頼

中古マンションを売却する意思が固まったら、不動産会社に査定を依頼します。
その際、市場の相場価格について事前にリサーチしておくと安心です。
不動産会社から提示された査定結果が妥当かどうかを判断する材料になります。

中古マンション売却の流れ2:媒介契約の締結

提示された査定価格に納得したら、不動産会社と媒介契約を締結します。
媒介契約とは、買主探しといった不動産売却に関する業務を、不動産会社に依頼するための契約です。

中古マンション売却の流れ3:売却活動

仲介を依頼する不動産会社と媒介契約を結んだら、不動産会社が中心となって売却活動をスタートします。
売却活動とは、チラシのポスティングや不動産ポータルサイトへの物件情報の掲載、内覧対応など、買主を探すための活動です。
仲介では売却までに3か月~半年ほどかかるのが一般的とされていますが、売却活動が長引くかどうかが、売却全体のスケジュールにも大きく影響します。

中古マンション売却の流れ4:売買契約の締結

買主が決まったら、買主と売主で売却価格や条件に関する最終的な交渉をおこないます。
双方が交渉の内容に合意したら、売買契約書を作成し、売買契約を締結する流れです。

中古マンション売却の流れ5:決済・引き渡し

売買契約を締結し、住宅ローンの審査や抵当権抹消手続きにも問題がなければ、決済と引き渡しをおこないます。

中古マンション売却の流れ6:確定申告

中古マンションを売却したら、確定申告をおこなう必要があります。
確定申告の期間は、中古マンションを売却した翌年の2月16日~3月15日が原則です。
決済と引き渡しを終えてから期間が空くケースもあるため、忘れないように注意しましょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却の成功を左右する査定の基礎知識について解説!

\お気軽にご相談ください!/

中古マンションの売却が大変といわれる3つの理由とは

中古マンションの売却が大変といわれる3つの理由とは

中古マンションの売却が大変だといわれる主な理由には、売却までにかかる期間の長さ、準備にかかる手間、不慣れな手続きの多さ、などがあげられます。
ここでは、それぞれの理由について、どのように大変なのかを見ていきましょう。

中古マンションの売却が大変な理由1:売却までに時間がかかるから

中古マンションに限ったことではありませんが、仲介で不動産を売却する場合、最低でも数か月の期間が必要です。
買主がなかなか見つからなければ、半年以上かかってしまうケースもあります。
また、中古マンションの売却後には確定申告が必要です。
確定申告は売却の翌年におこなうため、決済と引き渡しを終えたあともしばらくは気が抜けません。

中古マンションの売却が大変な理由2:売却の準備に手間がかかるから

仲介で不動産売却をする場合、売却に必要な手続きや準備の多くは不動産会社がおこなうのが一般的です。
しかし、売主本人がしなくてはならない準備もあります。
特に大変だとされるのが、内覧対応の準備です。
内覧での印象が購入意思に大きく影響するため、内覧準備は手を抜けない部分だといえます。
居住中の部屋で内覧をおこなう場合、内覧希望が入るたびに掃除を徹底しなければなりません。
物が多いと生活感が強く出る上に部屋が狭く見えることから、事前にトランクルームや実家などに物を預けるケースもあります。
また、内覧希望者とのスケジュール調整も必要です。
売却までには、平均して10回ほど内覧をおこなうのが一般的とされています。

中古マンションの売却が大変な理由3:慣れない手続きが多いから

中古マンションの売却では、多くの書類が必要になります。
馴染みのない書類を手配する機会が増えるため、取得手続きが大変だと感じる方は多いのではないでしょうか。
法務局や役所で取得する書類の場合、窓口対応が原則平日のみというハードルもあります。
書類に不備があると、売却スケジュール全体に影響を与えかねません。
中古マンションを売却する場合は、マンションの利用規約なども提出できるように準備が必要です。
さらに、確定申告の際にもいろいろな書類の提出が求められます。
スムーズに不動産売却を完了させるためには、必要書類の把握と、スケジュールに余裕を持った準備が大切です。

▼この記事も読まれています
住みながらマンション売却をするメリット!売却を成功させるコツも解説

\お気軽にご相談ください!/

大変だといわれる中古マンションの売却を楽にする方法とは

大変だといわれる中古マンションの売却を楽にする方法とは

大変だとされる中古マンションの売却ですが、売却を楽にする方法がいくつかあります。
なるべく無駄な手間や労力を省いて、スムーズな売却を目指しましょう。
ここでは、中古マンションの売却を楽にする代表的な3つの方法をご紹介します。

中古マンションの売却を楽にする方法1:引っ越しを済ませておく

売却活動の前に新居への引っ越しを済ませておき、内覧対応の負担を減らす方法です。
居住中のマンションで内覧をする場合は内覧のたびに準備やスケジュール調整をしなければなりませんが、先に引っ越しを済ませておけば不動産会社に内覧対応を任せることができます。
また、退去後の部屋であれば家具なども運び出されているので、生活感が強く出てしまう心配はありません。

中古マンションの売却を楽にする方法2:ハウスクリーニングを利用する

内覧前の掃除をハウスクリーニングのプロに依頼する方法です。
ご自身で掃除をする手間が省けるだけでなく、プロでなければ難しい箇所の掃除も任せることができます。
特に水回りの汚れは掃除に手間がかかる箇所であり、家全体の印象に影響するポイントでもあるため、ハウスクリーニングの利用が効果的です。

中古マンションの売却を楽にする方法3:手続きを司法書士や税理士に依頼する

不慣れな手続きを司法書士や税理士に任せる方法です。
たとえば売却時の書類の手配であれば、司法書士に依頼します。
売却する不動産が遠方にある場合や、相続した不動産を売却する場合など、必要書類の把握や手配が難しいケースでも司法書士に任せれば心配ありません。
また、確定申告の代行であれば税理士への依頼がおすすめです。
ただし、どちらの場合も報酬の支払いが発生する点に注意しましょう。
依頼する業務の範囲によっても報酬は変化します。

▼この記事も読まれています
不動産売却後に確定申告が必要か不要かを確認する方法は?

まとめ

中古マンションの売却が大変だとされる理由の多くは、知識不足と手間の多さによるものです。
ほとんどの方が不慣れな状態で売却にのぞむため、漠然と大変そうなイメージを持ってしまうケースも多いといえます。
中古マンションを売却する際には、売却の流れや売却の手間を省く方法などを事前に把握して、効率的でスムーズな売却を目指しましょう。
山口市の不動産売却なら(株)丸久不動産事業部山口支店へ。
相続・空き家・税金・住宅ローン・住み替え・離婚など幅広い悩みに対応が可能です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

083-932-0309

営業時間
9:00~18:00
定休日
水曜日、祝日

関連記事

不動産豆知識

物件情報

エリア・お店情報

観光スポット

売却査定

お問い合わせ